ホーム » 番組審議会 » 平成24年度 » 平成24年度第3回審議会

番組審議会 平成24年度

2012.10.03

平成24年度第3回審議会

平成24年9月20日(木)

午後12時30分~14時30分

オークラアクトシティホテル浜松 30階 クリスタル

出席番組審議委員
冨田晋司、大野晴己、木村雅和、山田穎二、鈴木 勲、松島良友、鈴木雅太郎

                                     (敬称略・順不同)

 今回は、2つの番組を審議致しました。

①『となりの奥様!』

毎週月曜日から金曜日 13時10分~13時20分 パーソナリティ 各曜日担当

妻であったり、母であったり。家事、子育て、家族の日々の弧軍奮闘中の奥様日記。奥様が奥様を紹介し、毎日スタジオ生放送で話をお聴きします。それぞれの生活の中で、それぞれにある悩みや工夫など、新米奥様もベテラン奥様もこれを聴けば勇気が出たり、参考になったりと、市民参加の番組である。

委員から次のような意見がありました。
微笑ましい番組である。パーソナリティが曜日毎に変わるので、一週間を通して統一感を持たせると良い。奥様の着ている洋服や髪型、雰囲気などの描写を入れて行くと良い。遊び場、食事、子育てなど、もう少し掘り下げ、聴いた後にお得感を出すともっと良いのでは。生活の中の便利と不便を分け、紹介できるとなお良い。

 

②『しゃべりば☆ナイト』

毎週水曜日 19時20分から19時35分 パーソナリティ まつちよ、濱松大丈夫

世の中に元気を与える番組。夢を持ち、学び、働く、若者からお年寄りまで元気に暮らす社会を守り、築いていかなければなりません。遠州地域の身近な話題と暮らしの情報を発信。FmHaro!がもっと楽しくなる、そんな番組である。

委員から次のような意見がありました。
遠州弁が多く出て、元気で賑やかな番組である。男性2名のパーソナリティで進行するが、たまにはこんな番組があっても良いのではないか。コアなリスナーが定着しているが、身内繋がりにならないように気をつけて進めて行くことが必要である。一定期間が来たら内容の見直しを入れる。何となく始まり終わるのではなく、何か印象に残るような言葉などを入れていけばもっと聴いてみたくなるのではないか。


などの意見、指摘、提案がありました。