ホーム » 番組審議会 » 平成25年度 » 平成25年度第2回審議会

番組審議会 平成25年度

2013.07.30

平成25年度第2回審議会

平成25年7月24日(木)

午後12時30分~14時30分

浜松エフエム放送株式会社 ザザシティ浜松中央館4階 会議室

出席番組審議委員
冨田晋司、木村雅和、鈴木 勲、徳田嘉彦、平出慎一郎、杏萠紗由俐                                     (敬称略・順不同)

審議番組  『ロック向上委員会 Z 』

毎週日曜日 20時00分~22時00分

パーソナリティ バグース長谷川・チャンティック亜沙美

 

「番組概要」

2005年1月放送開始。収録番組。

毎週設定するテーマに基づき、バグース長谷川が、洋楽ROCK MUSICのマニアックな世界へご案内いたします。また21時台最初の30分間は、インドネシアに所縁のある人物をスタジオへ招き、インドネシア音楽、文化についてトークする「THE INDONESIA」を放送。そのほか、ロックの名盤にリスナーが考えたタイトルを公募する邦題グランプリ名盤再生委員会も開催中。

 

委員から次のような意見がありました。

・ロックと言うジャンルに興味があるか無いかで分かれる番組である。

・思い切りマニアックにターゲットを絞る、またはロックに興味が無い人でも聴きやすい内容にするか方向をきちんとする事が大切である。

・古いロックの楽曲は今でも支持されているものが多く、年代を問わずファンがいるため多くの年代が楽しめるようアーティストや曲の説明を詳しく取り入れていくと分かりやすい。

・マニアックな曲の合間に耳なじみの曲を入れて欲しい。

・2人のパーソナリティの掛け合いのレベルアップが必要。もう少し質を高く、おもしろい会話が出来るといい。

・放送時間が2時間は長い気がする。

・21時過ぎにインドネシアのコーナーがあるが、ロックとインドネシアの繋がりに疑問を感じる。インドネシアだけでなく、アジア全体とロックを融合させロックと浜松と世界などのグローバル感を出していくと良いのではないか。

                                       
などの意見、指摘、提案がありました。

各委員の意見を今後、番組制作の参考とし、改善すべき事項は直ちに対処し、より良い番組作りを行う事を確認し閉会。