ホーム » 番組審議会 » 平成26年度 » 平成26年度第4回審議会

番組審議会 平成26年度

2014.11.20

平成26年度第4回審議会

平成26年11月17日(月)

午後12時30分~14時00分

浜松エフエム放送株式会社 ザザシティ浜松中央館4階 会議室

出席番組審議委員
冨田晋司、木村雅和、山田穎二、石原慎介、夏目恵介、佐々木悦子                                    (敬称略・順不同)

審議番組  住まいの情報番組「マイホームガイド」

毎週金曜日 10時00分~10時15分

10/31(金)放送分  パーソナリティ  岡本麻里 

「番組概要」

家を新しく建てたいけど、どの会社に頼めばわからない。建築にはいくらかかるの?いくら借りられるの?返済は?どんな建築会社や工務店があるの?そんな知りたい、見たい、聞きたい、もちろん専門家のアドバイスも聞きたい、そんな要望に応える番組。ナビゲーターに一級建築士の大山一誠氏を迎え、これから家を建てようと思っているみなさんに住宅建築で知っておくべき知識や情報を分かり易くお伝えします。

 

委員から次のような意見がありました。

・「家」は身近なものであるが、人生の中で何度も購入するものではない。よって経験が無いだけに専門家によるこのような番組はとても良い。

・メディア、雑誌、新聞広告など住宅に関する情報が溢れている。その中から自分にあったパートナー(工務店、設計事務所、大手メーカーなど)見つける事が大切であり、購入したら終わりでは無く、購入、完成し住み始めてからがスタートと言う言葉がとても良かった。

・ポッドキャスティングとしてホームページに掲載しているのがとても良い。

・シリーズ化して放送しているので全部聴いたらとても面白い。もちろん全部聴きたい。

・メリットとデメリット、話しの内容に偏見がないためとても聴きやすい。

・購入の夢の部分と現実の部分を上手にミックスさせ、イメージが湧く情報が理想的である。

・人生で一番大きな買い物であり、悩んでいる人がたくさんいると思うので具体的な事例を挙げ、もっと実用的な番組になると良い

・新築一軒家だけで無く、マンション、借家などの情報があったら良い。また、「住まいのあり方」が多種多様となっている時代、自分に合ったライフプランからの提案も欲しい。

・中古住宅やリフォーム、メンテナンスの情報も欲しい。リスナーからテーマを募集してもいいのではないか。

・家を建てる「夢」の部分も大切だが、高齢化社会へ向き合うための住まい「ノウハウ」も必要である。

・既に家を建てた経験者としては、番組の内容は平均的な話題が目立つ。

・購入して、実際に住んでみてからの感想。実際に住んでみてからの不自由さ。例えばコンセントの位置など特に電化製品の使い勝手などこうしたら良かったなどの悪い事例を聴きたい。そこがリスナーの最も聴きたい点ではないか。また終の棲家ではないが、購入後、十数年経過した時の提案(階段、バリヤフリー、近隣の交通状況など)も取り入れて行く事により、聴いてもらうターゲットが増加するのではないか。

                                       
などの意見、指摘、提案がありました。

各委員の意見を今後、番組制作の参考とし、改善すべき事項は直ちに対処し、より良い番組作りを行う事を確認し閉会。