ホーム » 番組審議会 » 平成26年度 » 平成26年度第6回審議会

番組審議会 平成26年度

2015.03.25

平成26年度第6回審議会

平成27年3月18日(水)

午後12時30分~14時00分

浜松エフエム放送株式会社 ザザシティ浜松中央館4階 会議室

出席番組審議委員
冨田晋司、山田穎二、鈴木 勲、石原慎介、夏目恵介、佐々木悦子                            (敬称略・順不同)

審議番組  NaOW!政治のミライ

毎週土曜日 12時30分~13時00分

パーソナリティ 静岡県議会議員 阿部卓也、元静岡県議会委員 源馬謙太郎                アシスタント   静岡文化芸術大学芸術文化学科 大河内望らい、森 菜穂

平成27年1月3日(土)放送分  

「番組概要」

平成26年7月スタート。若手政治家と大学生により政治や街づくり、社会問題等の話を中心に過去、現在、未来を取り上げ、20代、30代をターゲットに組み立てた内容で構成された番組。特定個人団体等の誹謗中傷、政党名の連呼などはNGといった番組ルールを決めます。未来を築くために今、私たちが知っておかなければならないことを、一緒に考えていきます。毎回テーマを決め、パーソナリティによる進行と質問の他、音楽も盛り込み親しみやすい番組を目指します。

委員から次のような意見がありました。

・現職の議員、元議員、大学生のバラエティに富んだ組み合わせで面白い試みである。しかし、大学生には難しい問題が多いためスキルアップが必要だと思う。

・政治は一番身近であるが遠い存在であるような気がする。これをラジオで伝えるのは難しい。

・政治家それぞれが自分の意見を持つ。この番組が意見結果を出す番組ではないため、もっとピンとくる話し方が必要である。

・大学生の口癖や早口な点が気になる。他の人もつられて早口になっている。

・番組とBGMが合わない気がする。

・大学生のリアクションなど生放送の面白さがある。また、クイズ形式にしたら楽しいのではないか。

・他県他市の事例を自分の地域に置き換えて、賛成と反対、具体的な事例の裏付けを取り入れたらもっと分かり易い番組になると思う。

・番組進行役を一人入れた方が番組に起承転結が出来て良いのではないか。

・大学生は学校では学べない経験が出来る。このような番組出演が将来活かせるのではないか。こういう場がもっとあると良い。

                                       
などの意見、指摘、提案がありました。

各委員の意見を今後、番組制作の参考とし、改善すべき事項は直ちに対処し、より良い番組作りを行う事を確認し閉会。